展覧会/イベント

陶土染めワークショップ~やきものの土で染めてみよう!~
INAXライブミュージアム

陶土染めワークショップ~やきものの土で染めてみよう!~

2022.05.14(Sat)

*追加募集のお知らせ


昨年好評だった、産地の土・陶土で染めるバッグづくりを今年も開催します!
やきもの用の土を使って布を染めてみると、焼くこととはまた違った出会いがあります。
このワークショップでは、土選びから染める工程までを楽しむことができます。
はじめに土について図解で学ぶミニトークを開催、それから手順を確認して、いよいよ陶土染めにチャレンジ。
バッグのかたちは、耳のある小巾の生地を生かし普段使いにも最適な「あずま袋」となります。
陶土バッグに使う布は、知多半島の知多市岡田地区で織られた手拭用の高級生地。シャトル織機で織られたあと、和晒と呼ばれる精錬工程を経て、純白で綿本来のとても優しい風合いの生地になります。
土ならではの素朴さと暖かみがあるオリジナル作品づくりに、ぜひご参加ください。
5月に開催した様子は、
ミュージアム日記で紹介しています。

陶土染め体験 ~やきものの土で染めてみよう!~
【開催日時2022年5月14日(土)①午前の部(10:00スタート) ②午後の部(14:00スタート)
【会場】INAXライブミュージアム 「土・どろんこ館」
【定員各回10名(小学生以上)*各回4名ずつ追加募集を致します!
※力が要る作業があります。小学生は保護者が付き添いとして一緒に制作ください。
新型コロナウィルス感染防止対策について
制作時間2時間程度
完成品あずま袋(約45cm×30cm)、土の瓶詰め(陶土染に利用した土)
【参加費2,500円(税込)/人(材料費、共通入館料1名分を含む)
付き添い者は参加費不要ですが、施設見学の場合は別途入館料がかかります。
※付き添い者の共通入館券は、INAXライブミュージアム「窯のある広場・資料館」の総合受付で購入できます。

【持ち物】タオル ※汚れても良い服装でご参加ください
予約制先着順(*応募が上回った場合は、先にお申込みいただいた方が優先となります)
申込受付期間5月8日(日)まで *受付期間を延長しています
申込用URL① 午前の部(10:00~)
申込用URL② 午後の部(14:00~)
※申込の結果等は5月9日(月)以降にメールにて連絡します。


【講師】高橋孝治 (デザイナー)
株式会社良品計画の生活雑貨部企画デザイン室を経て2015年に知多半島に移住。
常滑を拠点に企業や団体とプロジェクトを進行。
2016-2018年 常滑市陶業陶芸振興事業推進コーディネーター。
2017-2019年 六古窯日本遺産活用協議会クリエイティブディレクター。
※陶土バッグは、障がいのある方々の就労を支援する施設、「ワークセンターかじま」で縫製しています。タイルや紙漉きなど、やきものの土という地域の素材を用いたものづくりに取り組んでいます。
「土・どろんこ館」にて行われた『NEW TRADITIONAL in 常滑 -滑らかな粘土の床が丘陵に広がる舞台の上で-』にて展示を行ったことが契機となり、今回のワークショップ開催に至りました。


【お問合せ】
INAXライブミュージアム
TEL:0569-34-8282

  • 昨年開催のようす
  • 昨年開催のようす
  • 昨年開催のようす
  • 昨年開催のようす
  • 昨年開催のようす
  • 土の瓶詰め(陶土染に利用した土)
  • 「あずま袋」完成イメージ
  • 「土・どろんこ館」外観
  • 昨年開催のようす
    photo: 河合秀尚
  • 昨年開催のようす
    photo: 河合秀尚
  • 昨年開催のようす
    photo: 河合秀尚
  • 昨年開催のようす
    photo: 河合秀尚
  • 昨年開催のようす
    photo: 河合秀尚
  • 土の瓶詰め(陶土染に利用した土)
  • 「あずま袋」完成イメージ
  • 「土・どろんこ館」外観
TOP