展覧会/イベント

DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】<br>幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙
INAXライブミュージアム

DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】
幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙

2021.04.24(Sat)~10.12(Tue)

INAXライブミュージアムでは、2021年4月24日(土)~10月12日(火)の期間、展覧会「DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙」を開催いたします。

昨夏コロナ禍 において、実展示からオンラインでの展覧会に転じたLIXILギャラリー*の「CONNECT/DISCONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】」。このたび、美術家の野老朝雄と建築デザイン事務所〈noiz〉が再びタッグを組み、当館の土で囲まれた実空間で展覧会を実現させます。紋様の創作をとおして多種多様な関係性を築こうとする野老のテーマ「つなげる」から名づけられたオンライン展のタイトルは、コロナ禍で一旦途切れたものの、再びつなげるとし今回、語順を逆転させています。

野老の作品といえば、東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムのデザインが広く知られています。彼は、シンプルな図形で平面を隙間なく埋め尽くす「タイリング」の世界で、幾何学による無限の連続性やさまざまな展開性を特徴とする野老紋様を数多く生み出してきました。 本展では、この野老紋様が建築素材である「タイル」と結びつけられます。デザインの可能性を飛躍的に高める「コンピュテーショナル・デザイン」の分野で建築界をリードするnoizとともに、両者が野老紋様のタイルを纏った造形をつくりあげます。noizが手がける展示空間では、野老紋様独特のパターンやルールを活かしたタイルが多彩に展開されます。

プログラミングにより生成された映像や音も織り込まれたダイナミックな環境で、まるで生きているかのように振舞う紋様とタイリングの妙、常滑の当館でしか体験できない美をお楽しみください。
*2020年9月閉廊

DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】
幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙

【会 期】2021月4月24日(土)~2021年10月12日(火)
【会 場】INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室
【休館日】水曜日(祝日の場合は開館)
【観覧料】共通入館料にて観覧可 (一般:700円、高・大学生:500円、小・中学生:250円)
【主 催】INAXライブミュージアム【監修】野老朝雄、noiz 【紋様制作】野老朝雄【展示デザイン】noiz【ヴィジュアルプログラミング】白木 良【音楽】原摩利彦【グラフィック】小木央理【タイル制作】LIXILものづくり工房【協力】ニチレイマグネット株式会社

*4/24(土)は「記者発表」のため、「土・どろんこ館」及び本展を15時で観覧終了といたします。
「土・どろんこ館」のみ閉館し、他の施設の開館時間は通常どおりです。何卒ご了承ください。
新型コロナウィルス感染防止対策について

■関連イベント 「オンライン・オープニングトーク」

【登壇者】野老朝雄(美術家)、豊田啓介(建築家、noiz)
【開催日時】2021年4月24日(土) 17:00-18:30
【開催方法】YouTube ライブ配信を利用
【参加費】無料
【申込み期間】2021年4月22日(木)正午まで
【申込み方法】Eメールにて、上記の申込み期間内にお申込みください。
【申込み先 E-mail】event.ilm@lixil.com(予約専用)
メール件名にイベント名「4/24オープニングトーク」を明記の上、参加者の氏名、メールアドレスをご記入ください。
※YouTubeライブ配信のURLは4/22(木)に、メールにてお知らせします。

≪トーク内容≫
今展は、野老朝雄氏とnoizのコラボに加え、タイルを素材に加えたことによるリアルとデジタルの調和を活かした展覧会です。完成にいたるメーキングの過程を振り返りながら、同展タイトルの「DISCONNECT/CONNECT」を背景に、野老氏と豊田氏に、それぞれの役割や魅力、今展のねらい、制作思考中の紆余曲折などを熱く語っていただく予定です。

【お問合せ】
INAXライブミュージアム
TEL:0569-34-8282

  • 図版2-2 RHOMBUS WORKS【JAGGED】 野老朝雄、2020、タイル、φ770mm *図版1と同じ。12角形に組み替えたもの。
  • 図版3 INTERTWINED 野老朝雄、2020、 タイル
  • 図版4 オンライン展「CONNECT/DISCONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】」の映像より パターンデザイン:野老朝雄、監修:noiz、 ヴィジュアルプログラミング:白木良、2020
  • 図版5 STEPS パターンデザイン:野老朝雄、 造形デザイン:野老朝雄、noiz 本展会場イメージより
  • 図版1 RHOMBUS WORKS【JAGGED】部分 野老朝雄、2020、タイル、 1辺100mm
  • 図版2-2 RHOMBUS WORKS【JAGGED】 野老朝雄、2020、タイル、φ770mm
    *図版1と同じ。12角形に組み替えたもの。
    photo:梶原敏英
  • 図版3 INTERTWINED 野老朝雄、2020、 タイル
    photo:梶原敏英
  • 図版4 オンライン展「CONNECT/DISCONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】」の映像より パターンデザイン:野老朝雄、監修:noiz、 ヴィジュアルプログラミング:白木良、2020
  • 図版5 STEPS パターンデザイン:野老朝雄、 造形デザイン:野老朝雄、noiz 本展会場イメージより
    提供:noiz
  • 図版1 RHOMBUS WORKS【JAGGED】部分 野老朝雄、2020、タイル、 1辺100mm
    photo:梶原敏英

プロフィール

野老朝雄 Asao TOKOLO


1969年、東京都生まれ。幼少時より建築を学び、大学卒業後、建築家/美術家の江頭慎に師事。2001年9月11日より「つなげる」をテーマに紋様の制作を始め、美術・建築・デザインなど、分野の境界を跨ぐ活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作をするほか、同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行なっている。主な作品に、東京2020オリンピック・パラリンピックのエンブレムに採用された〈組市松紋〉、大手町パークビルディングのための屋外彫刻作品《TOWER OF CONNECT》、〈PPP TOKOLO PATTERN MAGNET〉などがある。


noiz


2007年に豊田啓介と蔡佳萱のパートナーシップとして設立。2016年より酒井康介を加えた3名パートナー体制で、東京、台北、ワルシャワ(ヨーロッパ)からコンピューテーショナルな手法を駆使し、建築を軸にインスタレーションから都市まで幅広いジャンルで国際的に活動する建築・デザイン事務所。最新のデジタル技術を駆使した各種デザインや製作、システムの実装から教育、各種リサーチ& コンサルティング活動も積極的に展開している。
https://noizarchitects.com/

TOP