書籍検索

図説:厠まんだら

BOOKLET

図説:厠まんだら

本体価格 1,000円
体裁 A4判変型・並製・84頁
ISBN
978-4-87275-509-1

1984年05月発行

厠(かわや)とはトイレの古称。とかく片隅に追いやられがちなこの親密な小空間のすべてを明るみに出す、微苦笑と哄笑、そして驚きにみちた愛すべき一冊。監修=李家正文。


■目次

□壱─厠
トイレットの生活文化[日本編]──厠の誕生から21世紀まで 李家正文
寸描・近代日本の厠 村松貞次郎

[コラム]
厠の形式──東西南北
生きている水流し
中世厠風俗
六道絵に見る糞尿譚
京都・東福寺の東司
日光・東照宮の西浄
手水
茶室と砂雪隠
便器さまざま
江戸の雪隠
江戸の共同便所
江戸の説話から
会津・武家屋敷の引出し式砂雪隠
底穴桶──『農具便利論』より
外国人の見た日本人の屎尿処理
開化期のトイレ
下掃除屋──汲ませ料から汲み料へ
糞尿の海洋投棄と下水道
公衆便所
戦前の厠と便器
絶景かな──"川屋"の風流
戦時中の便所
厠をめぐる習俗
民家の厠
喜多方の厠蔵

[口絵写真]
桂離宮新御殿の御厠
明治・大正の陶磁器製便器/溲瓶

□弐─糞
石になった糞 乙益重隆
科学者からみた日本人の糞便 光岡知足
糞尿資源の再活用を 宮崎昭

TOP