書籍検索

泡と湯気<br>──愉楽の発見

INAXミュージアムブック

泡と湯気
──愉楽の発見

本体価格 1,500円
体裁 B5判・並製・64頁
ISBN
978-4-87275-409-4

2010年01月発行

空気のような当たり前の存在として、気に留めることの少ない「泡」と「湯気」。しかしそれらは、日常の「愉楽」をもたらしてくれます。
液体が空気を包むことで生まれる、泡。カプチーノや抹茶、ビールのきめ細かな口あたり。生クリームをあわ立ててつくるムースの食感。立ち昇る泡が舌を刺激するシャンパン......。ムース状の石けんや整髪料が人気商品となり、さらには気泡を閉じこめてできた緩衝材やクッション、保温機能の高い衣類は、身の周りで当たり前の存在になりました。
加熱により気泡が蒸発してゆく、湯気。温泉や土鍋から立ち上がる湯気を見ただけで、冬の寒さが和らぎ、旅情や食欲を呼び起こします。また、加湿器も生活に欠かせない道具です。
本書では泡と湯気のさまざまな第一人者が登場。美しい写真とともに、泡と湯気の魅力を再発見し、不思議な底力を探ります。


■目次

ゆったり、うっとり──ソース/シェービングクリーム/シャンパーニュ地方
描かれた泡──北斎の水へのまなざし(樋口一貴)/フランス編
美味誕生──湯気が秘けつ 酒蔵/塩釜/湯葉づくり
湯けむり、ミスト、水の七変化 阿岸祐幸
泡味探求──抹茶(寺田雅子)/スフレ/ビール/カクテル/コーヒー
ムクロジ
泡と湯気の科学 柘植秀樹
日常を囲む"泡"

TOP