書籍検索

やきもの新感覚シリーズ・50人<br>──土と炎の魅力と魔力......50のOBJECTS 1999-2005

INAXミュージアムブック

やきもの新感覚シリーズ・50人
──土と炎の魅力と魔力......50のOBJECTS 1999-2005

本体価格 2,000円
体裁 A4判・並製・176頁
ISBN
978-4-87275-402-5

2005年05月発行

新しい感覚で旺盛な創作活動をしている作家を紹介する個展「やきもの新感覚シリーズ」(世界のタイル博物館)。その50回の開催を記念する特別展のカタログとして、過去の展示を振り返り、主要作品の写真と作家の談話を掲載する。巻末に戦後やきもの年表を収録。

編=世界のタイル博物館+INAX文化推進部


■目次

ごあいさつ 杉野正博+宮地究
「やきもの新感覚シリーズ・50人」に寄せて 入澤ユカ

1999
吉川正道展──しなやかさと激しさと
清水六兵衛展──セラミック・ランドスケープ
森野影人展──objectセッション
柴田眞理子展──静物のある風景
鯉江良二展──Cosmicクレイワーク
林香君展──環・還
戸田守宣展──セラミック・メモリー

2000
池田晶一展──陶の時間
徳丸鏡子展──陶コズミックプランツ
八木明展──漆いろのかたち
吉川千香子展──遊びごころのエスプリ
河合匡代展──土の粒子からうまれるもの
日野田崇展──地中の時間とかたちを焼く
杉江淳平展──あかりのかたち
長江重和展──磁土の繭薄層のかたち
藤田匠平展──ガラスと陶・不溶のかたち

2001
川口淳展──ダンシング・セラ・ミックス
藤井一範展──Clay was Born
小塩薫展──DressedCeramic
山本浩二展──灰燼のかたちから
富田美樹子展──球面体のかがやき
栗田宏一展──秘土の花色彩まんだら
青木拳展──磁土のランドスケープ
井上雅之展──増殖陶のダイナミズム

2002
兼藤忍展──光と風・交感する陶
今田陽子展──うつわとオブジェの抱擁
天野裕太展──鉱物だった記憶・太古のかたち
尹煕倉展──じぶんの土
金正逸展──かなたへと向かっていくかたち
三輪太一展──陶の塔遠の陶
黒河兼吉展──磁土の影絵ウォールとランプ
杉浦康益展──虚実の果実陶石の石陶

2003
福本双紅展──薄氷の景白磁のうつわ
今井裕子展──薄陶の函光とかげの音階
近藤葉子展──花器にひらく、陶土の花びら
中島晴美展──輪廻転陶・球体変化
亀井洋一郎展──磁土の幾何学
中村卓夫展──空の間・陶の閃光
小島郁子展──陶流れゆくところ
鈴木秀昭展──陶 玉蔓文コスモス

2004
崔宰熏展──積層の陶・景色の皮膜
泉田之也展──陶秘められた幾何形
小野恭裕展──土と釉のダイアローグ
秋山陽展──土の深層
前田晶子展──風を孕む陶
久世建二展──黒陶・凛派
アーグネシュ・フス展──彩色陶のうずまき
藤平寧展──陶の異土、掌中の井戸

2005
アドリアーン・レース展──セラミックペルソナ
青木克世展──土の秘儀陶の呪文

□コラム
紐づくり
貼りつけ
下絵付け
転写
タタラ
〈世界のタイル博物館〉について

「やきもの新感覚リーズ」NEWS RELEASE
[座談会]なぜ、「やきもの新感覚シリーズ」だったのか 宮地究×入澤ユカ 司会=編集部
戦後やきもの年表

TOP