書籍検索

10+1 No.50<br>特集=Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960

TenPlusOne

10+1 No.50
特集=Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960

本体価格 1,500円
体裁 B5判変型・並製・308頁
ISBN
978-4-87275-147-5

2008年03月発行

高度経済成長期を象徴する丹下健三「東京計画1960」の全貌を復元・解明し、さらにそこから半世紀経った現在のグローバルな都市を考えていく。

編集協力=八束はじめ+UPG.


■目次

□特集 Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960
50 Years After 1960──グローバル・シティ・スタディーズ序説 八束はじめ
[資料]ポスター「東京計画1960」(1961)
二〇世紀日本建築の「悦ばしき知識」──丹下研究室の国土・都市・建築 豊川斎赫
空間の開発・環境の制御──一九六〇年前後の浅田孝と高層化研究・人工土地・極地建築 菊池誠
高山英華の戦時下「東京都改造計画」ノート 中島直人
20 Years Before 1960. And Now──内田祥文から見える今の世界 金子祐介
[図版構成]TOKYO METABOLISM 1960-2010: ENCYCLOPEDIA Vol.1 八束はじめ+大田暁雄+金子祐介+唯島友亮+水谷晃啓+福島北斗
「空間」と「経済」のデュアリティ──五〇─六〇年代アメリカ・アーバニズムの深層 唯島友亮
[翻訳]新加被歌的路──ポチョムキン・メトロポリスのポートレート あるいは 三〇年のタブラ・ラサ レム・コールハース 訳=太田佳代子+八束はじめ
アクト城中村・新都市抹消の法学 上原雄史 訳=松下希和
[図版構成]COMPARISON THREE MEGAREGION CITIES: TOKYO, HONGKONG, SINGAPORE 福島北斗+唯島友亮+大田暁雄+坪井宏憲+太田口絢子+真喜志康功+金子祐介
[対談]グローバル・シティ・スタディーズの諸相 今村創平+八束はじめ

[シンポジウム]TEATRO SUPER STUDIO──ユートピアを超えて 講演者=クリスティアーノ・トラルド・ディ・フランシア 対談者=伊東豊雄 司会者=五十嵐太郎 訳=田丸久美子
磯崎新インタヴュー 廃墟、空白、生成──一九五〇─七〇を俯瞰する 聞き手=日埜直彦

10+1総目次

□連載
都市表象分析[32]都市表象分析とは何か(二)──自註の試み 田中純
『日本の民家』再訪[8]化モノ論ノート 瀝青会・中谷礼仁
ネット公正論──データの逆襲[3]情報生態論──いきるためのメディア ドミニク・チェン
Our Planet[4]ホンマタカシ
地上にて[3]遷都一三〇〇年の〇・五二パーセント 石川初
技術と歴史[12]デザイン・マインドと資本とのあいだで レクチャー=山名善之
現代住宅論[7]技術と歴史 難波和彦

□10+1 PASSAGE
ゼロ年代の建築・都市[3]家型の二一世紀 五十嵐太郎
インヴァリアンツ[3]石と鉤十字 平倉圭
オルタナティヴ・ダンシング[3]「死体」について 木村覚
記録・抵抗・記憶[3]「南島」へ/「南島」から(下) 小原真史
人文研探検、あるいは新京都学派の履歴書[3]新書という公共圏──桑原武夫編『日本の名著』という企み 菊地暁
次世代型世界システム論序説[3]システム概念の再導入2──再帰的界面と人類学的界面 山下範久
バイオエシックスの場所[3]異化される脳 美馬達哉
都市の病理、心理学化する社会[7]哲学的ゾンビの精神分析 斎藤環

TOP