書籍検索

10+1 No.44<br>特集=藤森照信──方法としての歩く、見る、語る。

TenPlusOne

10+1 No.44
特集=藤森照信──方法としての歩く、見る、語る。

本体価格 1,500円
体裁 B5判変型・並製・212頁
ISBN
978-4-87275-137-6

2006年09月発行

建築史家であり建築家としても活躍するユニークな存在・藤森照信。本人インタビューを皮切りに、その活動を解剖する。

編集協力=中谷礼仁+清水重敦+青井哲人


■目次

□特集 藤森照信──方法としての歩く、見る、語る。
藤森照信インタヴュー トレーシング・ザ・藤森照信 聞き手=中谷礼仁+清水重敦+青井哲人
建築技術史一万年とドクターフジモリ 渡邉晶
先史学/考古学と想像力の限界 浅川滋男
多くはうたかたに消え、いくつかは生きて地に降り──都市史の主語は何か 青井哲人
看板建築考──様式を超えて 横手義洋
笑う路上観察学会のまなざし──都市のリズム分析へ向けて 南後由和
先行建築学のすすめ──バイパスとしての藤森式都市建築保存論 清水重敦
〈民俗学者〉としての藤森照信──その歩く/見る/聞く作法を考える 菊地暁
世界建築地図の展開/〈伊東忠太+藤森照信〉のその後──近代アジア調査術 林憲吾
小さな建物を大きくすること──藤森照信の建築における儀式 デイナ・バントロック 訳=松田達
原生建築への招待──食用の建築、つくれますか。 陳正哲 訳=青井亭菲+青井哲人
藤森照信の批評根拠 アンドレア・マッフェイ 訳=入江徹
藤森照信とモダン・ヴァナキュラー エルウィン・ビライ 訳=篠儀直子

LINK TOKYO MADRID──都市構造とライフスタイルに関する共同研究プロジェクト 構成=ホルヘ・アルマサン・カバジェーロ+伊藤喜彦 文・図版=久野紀光(序文)+東京工業大学塚本研究室+東京大学景観研究室+東京大学千葉研究室+筑波大学貝島研究室+慶應義塾大学妹島研究室
磯崎新インタビュー 五旗会、『現代建築愚作論』、スターリニズムからの脱却──一九五〇年代における建築運動とその思想性 聞き手=日埜直彦

□連載
都市表象分析[26]無縁の根源──河原という魂の市庭 田中純
『日本の民家』再訪[2]準備編 中谷礼仁
LOCUS SOLUS[8]ハイナー・シリング
思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に[7]八束はじめ
技術と歴史[6]共同体の歴史構造と技術の性格 中川武
現代住宅論[1]現代住宅の諸問題 1──なぜサステイナブル・デザインなのか 難波和彦
現代建築思潮[討議]オリンピックと団地二〇一〇年問題 今井公太郎×今村創平×日埜直彦×吉村靖孝×金子祐介×アリ・セリグマン

□10+1 PASSAGE
1990年代以降の建築・都市[20]距離のねじれを生む、ガラスのランドスケープ──妹島和世論 五十嵐太郎
ソーシャルウェアのイノヴェーション・スタディ[1]Winny──「脱社会性」の可能性 濱野智史
音響場試論[1]アンセスト・ド・トシロン 安田昌弘
マゾヒスト映画宣言[1]前田陽一を再導入する──「イメージ」との出会い 廣瀬純
サウンド+アート+サイエンス[1]サウンドアートと音響空間デザイン 池上高志
リアリティについて[5]視覚性 日埜直彦
ダブル・ストーリー[1]否定からひろがっていくこと──「奥村さんのお茄子」と「広尾アパートメント」 乾久美子
「悪い場所」にて[14]衛生思想の滝壷は近いか 椹木野衣
都市の病理、心理学化する社会[1]顔には名前があり、あるいは文脈がある 斎藤環

TOP