書籍検索

10+1 No.38<br>特集=建築と書物──読むこと、書くこと、つくること

TenPlusOne

10+1 No.38
特集=建築と書物──読むこと、書くこと、つくること

本体価格 1,500円
体裁 B5判変型・並製・212頁
ISBN
978-4-87275-127-7

2005年04月発行

建築その他の領域の28人による多角的な読書術とメディア論。

編集協力=五十嵐太郎


■目次

□特集 建築と書物──読むこと、書くこと、つくること
[鼎談]建築と書物──読むこと、書くこと、つくること 隈研吾+五十嵐太郎+永江朗
[図版構成]書物と建築のあいだに 秋山伸

[建築家的読書術]
必読書をめぐって 難波和彦
それぞれの読書 みかんぐみ
建築論として読むベンヤミン 鈴木了二
建築の現場・歴史・技術 石山修武
ワンダフル・デザイン 渡辺誠
水≒鏡への憧れ ヨコミゾマコト
空間・秩序・弱さと建築 藤本壮介
建築家ピラネージの現代性 岡田哲史

[建築を拓くメディア]
建築と思想の離接について:四つの系をめぐる八つのキーワード 南泰裕
コンペティション学序説 中村研一
読み解かれる住宅/読み解く快楽 山中新太郎
マテリアル・イマジネーション 丸橋浩
磯崎新における「日本的なもの」 日埜直彦
西洋建築史:現代へのまなざし 横手義洋
職業としての建築評論 永江朗
オープンハウスという経験 保前信英
〈情報と建築〉をめぐるブック・ガイド 田中浩也
都市の棚:書店空間の建築的冒険 山崎泰寛
都市景観の変容をめぐる諸問題 若林幹夫
建築系映像ランダム・ガイド 五十嵐太郎
建築ガイドブックガイド 岡部友彦+佐々木一晋+田中陽輔+山雄和真
建築写真を拡張する三人の写真家 福屋粧子
建築的、物体的 野々村文宏
アートと建築の越境的動向 暮沢剛巳
建築と展覧会カタログ 田中陽輔+山雄和真+岡部友彦+佐々木一晋

[インタビュー]「アーキラボ」/あるいは建築のキュレーションについて マリ=アンジュ・ブレイエ 聞き手=今村創平
[フィールドワーク]一時停止都市のデザイン[研究編] 一時停止都市デザインスタジオ

□連載
都市表象分析[20]自然の無関心──畠山直哉の鉱物的都市写真 田中純
LOCUS SOLUS[2]ハイナー・シリング
思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に[1]八束はじめ
技術と歴史[1]文化財になったアメリカの未来住宅 レクチャー=松村秀一
CONCEPTUAL 日本建築[3]第三章 成立編 黒沢隆
現代建築思潮[討議]新しい物質、新しい素材──複雑化/集積化する素材 今井公太郎×今村創平×日埜直彦×吉村靖孝

□10+1 PASSAGE
[悪い場所」にて[8]美術と建築の逆転 椹木野衣
文化所有のポリティクス[3]「大地讃頌」事件について 後編 増田聡
モノとマチの向こうに見えるもの[3]設計条件がない?! 北川卓+松本淳
映画とニューメディアの文法[3]データベース映画 2 堀潤之
視覚の身体文化学[3]ギブソンを再軍事化する 榑沼範久
デジタル・イメージ論[3]イメージ、その欲望する「場所」 土屋誠一
1990年代以降の建築・都市[14]日本人と結婚式教会 五十嵐太郎
ミュージアム・テクノロジー随想[3]メディアとしての博物館 菊池誠
ポストモダニズムと建築[7]野性的領域に向けて 日埜直彦
ブック・レヴュー[3]アビ・ヴァールブルク 『異教的ルネサンス』 森田團
明治期「近代交通業発達」余話[3]「つぎはぎ」交通の時代 山根伸洋

TOP