書籍検索

10+1 No.33<br>特集=建築と情報の新しいかたち──コミュニティウェア

TenPlusOne

10+1 No.33
特集=建築と情報の新しいかたち──コミュニティウェア

本体価格 1,500円
体裁 B5判変型・並製・240頁
ISBN
978-4-87275-119-2

2003年12月発行

新しいコミュニティウェアのあり方を探り、情報-建築-人間のアクティヴィティを考察する。

編集協力=仲隆介+中西泰人+本江正茂+五十嵐太郎


■目次

□特集 建築と情報の新しいかたち──コミュニティウェア
情報と建築の新しいかたち──コミュニティウェア 仲隆介+中西泰人+本江正茂
空間のレイアウト/情報のレイアウト──有機的建築への筋道 塚本由晴インタヴュー 聞き手=仲隆介+中西泰人+本江正茂
一回性の建築 山本理顕インタヴュー 聞き手=中西泰人+本江正茂
情報/建築の融合とデザイン 暦本純一インタヴュー 聞き手=中西泰人+本江正茂
環境情報デザイン・カタログ 環境情報デザインワーキンググループ
Trans Network City トランスネットワークシティワーキンググループ
内在的普遍──アーバンデザインと情報環境 大内宏友+根來宏典/日本大学大内研究室
電子自治体論──都市計画のなかのコミュニティウェア 小林隆
ワークウェア──オフィス空間と情報の新しいかたち 京都工芸繊維大学山口・仲研究室+岸本章弘
「届かなさ」の修辞学──監視社会(論)と動物化 北田暁大
わたしはビデオカメラである フィリップ・タボール 訳=加藤政洋
/区分線をねじる/(中編) ジェフリー・キプニス 訳=川田潤

大名古屋論 #3 パチカフェ──名古屋のビルディングタイプ その1 恒川和久/名古屋建築会議+名古屋大学パチカフェグループ
陸に上がったナーガ──Bangkok 水の都市から陸の都市へ ARAC(藪﨑涼+後藤淳+中山利恵)+村松伸

□連載
都市表象分析[15]アメリカの二つの顔──暴力と恥辱の景観 田中純
セヴェラルネス:事物連鎖と人間[2]建築職人ウィトルウィウス──弱い技術 中谷礼仁
On-Site[1]KOTOBUKI-CHO Aug.2003 綿谷修
1990年代以降の建築・都市[9]過防備都市 1──情報社会はいかにわれわれを管理するのか 五十嵐太郎
グローバリズム[3]植民都市と散逸する主体 八束はじめ
現代建築思潮[討議]部分的/離散的──ヨコミゾマコトと藤本壮介の建築 ヨコミゾマコト+藤本壮介×今井公太郎+今村創平+日埜直彦+吉村靖孝

□10+1 PASSAGE
「悪い場所」にて[3]崩れ落ちるビデオ装置──『ワラッテイイトモ、』から垂れたアカルイ導火線 椹木野衣
蒐集(コレクション)の曖昧な対象[3]閉ざされた部屋 倉数茂
景観の視学/史学/詩学[3]都市をn次元化するテクスト 南明日香
別種の自然[2]都市/夢/写真 千田智子
ポピュラー文化としての都市空間[2]まちがいから豊かさへ 矢部恒彦
都市とモードのフィールドノート[2]アイデンティティの空間体験 成実弘至
都市ノ民族誌[3]議会制民主主義の果ての狂い咲き 国会前サンダーロードを偲ぶ(別称=昭和残響伝) 小田マサノリ
ポストモダニズムと建築[2]ポスト=古典主義としての現在 日埜直彦
中国で内装をつくる[3]八八二〇平米の書店(前編 コンペから設計契約まで) 松原弘典

TOP