書籍検索

長谷川豪 カンバセーションズ<br>──ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史

単行本

長谷川豪 カンバセーションズ
──ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史

本体価格 3,000円
体裁 B5判・並製・276頁
Japanese/English
ISBN
978-4-86480-016-7

2015年03月発行

モダニズムを継承する巨匠アルヴァロ・シザからヴァレリオ・オルジャティ、ペーター・メルクリ、アンヌ・ラカトン&ジャン=フィリップ・ヴァッサルら50年代生まれの建築家たち、さらに70年代生まれのパスカル・フラマー、ケルステン・ゲールス&ダヴィッド・ファン・セーヴェレンまで、ヨーロッパの建築家6組に長谷川豪が、いま建築をつくることと歴史に向き合うことについて問いかける。彼らはなにを拠り所に設計を行なっているのか。また日本・ヨーロッパという異なる状況のなかで通底する建築とはなにか。


■目次

はじめに 長谷川豪
──「終わらない」歴史/「ポスト」というイデオロギー/ヨーロッパ建築家との対話/文化、心を耕すこと

□アルヴァロ・シザとの対話
──最後のモダニスト?/建築の多重性/新しさの正当性/自然と建築
対話を終えて|建築作品

□ヴァレリオ・オルジャティとの対話
──私はなにも信じない/建築は思考を刺激する/アイデア、コンテクスト、スケール/建築的に教え、考える
対話を終えて|建築作品

□ペーター・メルクリとの対話
──現代建築にとっての歴史/時代の表現/「建物文化」と総合的な経験/経験を伝えるということ
対話を終えて|建築作品

□アンヌ・ラカトン & ジャン=フィリップ・ヴァッサルとの対話
──「より安いことは、より豊かなこと(Cheaper is more)」/大きさとプラグマティズム/人々の生活と建築の軽やかさ/すべての時代とコンテクストを重ね合わせること
対話を終えて|建築作品

□パスカル・フラマーとの対話
──旅に出る3つの理由/コントロールすること vs. コントロールしないこと/二重性、あるいは並行的存在/開かれたカニバリズム/歴史観の成熟
対話を終えて|建築作品

□ケルステン・ゲールス & ダヴィッド・ファン・セーヴェレンとの対話
──エンジニアたちのオフィス/古典の定義とはなにか/コールハースとベルギー/定量化の方法と生きるための空間/オフィスなしのオフィス
対話を終えて|建築作品


■関連記事



[特集]長谷川豪『カンバセーションズ』──歴史のなかの現代建築
http://10plus1.jp/monthly/2015/07/


歴史のなかの現代建築
長谷川豪(建築家、長谷川豪建築設計事務所主宰)

歴史を耕し、未来をつくるためにできること
長谷川豪(建築家、長谷川豪建築設計事務所主宰)+保坂健二朗(東京国立近代美術館学芸員)

長谷川豪『カンバセーションズ──ヨーロッパ建築家と考える現在と歴史』2015年、東京
ロラン・シュタルダー(スイス連邦工科大学チューリッヒ校教授)+トバイアス・エルブ(建築家)

建築の新しい自律性に向けて
青木弘司(建築家、青木弘司建築設計事務所主宰)

TOP