急須でお茶を ──宜興・常滑・急須めぐり

急須でお茶を
──宜興・常滑・急須めぐり

基本情報

発行日 2018年6月
ご購入 セブンネット
Amazon
定価 1,650円(本体1,500円)
体裁 B5判・並製・64頁
ISBN 978-4-86480-914-6

書籍内容

私たちの日常でお茶を飲む際に使ってきた、赤い素焼きの急須。その多くは常滑産のものです。なぜ赤くそして素焼きなのか。そのお手本となったのは、中国・宜興で明・清時代から盛んにつくられている茶壺です。 この本では、宜興の紹介、並びに日本で宜興の茶壺が常滑にどう伝わり、また現在の形や色に変わったのか、江戸から明治にかけての代表作品とともにたどります。急須を使うさまざまな場面とともに、急須の魅力を再発見できる一冊です。

※本書にかんするお詫びと訂正
https://livingculture.lixil.com/information/ilm/inax-817/

目次

  • 宜興 急須が生まれ、いまも生み出し続ける町 永峰美佳
  • 急須づくりの歴史/「使い手」から見た急須の歴史 森達也
  • 煎茶・急須変遷史 髙取友仙窟
  • 常滑・急須の歴史 小栗康寛
  • 宜興の急須 世界へ
  • 中国語サマリー

同じシリーズの書籍を探す