近代日本の建築と街を飾った、
やきもの

大正から昭和初期、
新しい時代の建物が次々と建てられ、
「建築陶器」と呼ばれるやきもの製の
タイルとテラコッタがその外壁を飾りました。
明治時代の初期のものから
1930年前後の全盛期に至る、
日本を代表する
芸術性の高いテラコッタを展示しています。

建築陶器のはじまり館
日本の近代建築が花開いた時代の息吹や、
ものづくりへの熱意を伝えています。
テラコッタパーク
街を彩ったテラコッタを屋外広場に展示し、
自然光のもと間近で鑑賞いただけます。